介護保険のこと

皆さんは介護保険料を支払っていますか?介護保険制度とは健康保険の被保険者(加入者本人)または扶養者のいずれかが40歳を迎えた時から、支払義務が生じます。すなわち、自分が40歳に満たない場合でも扶養の配偶者が40歳以上の場合や、親御さんが扶養になっている際には支払う事が義務となっています。有料老人ホームを選ぶということにも繋がってくると思いますので見て行きましょう。

会社勤めの場合

自分の給与によって定められた標準報酬によって会社と給与から天引きされます。その際、保険料の半分は会社が負担することになっています。

国民健康保険に加入の場合

健康保険料と同様に年度の初めに介護保険の納付書が郵送されてきますので、そちらを利用して支払う事になります。

介護保険は何のために納めるの?

ご存知の通り、日本は高齢化社会が進み様々な問題点を抱えています。こうして集められた保険料は、介護が必要な方々が少しでも自立した生活が送れる為の支援金として使われています。介護保険のサービスが受けられるのは65歳以上からです。

介護保険の請求の仕方

自分や家族の一員に介護が必要になった場合どのように介護保険の請求を行えば良いか分かりませんよね。


1.お住まいの市町村の窓口にて申請を行ってください。


2.市町村の担当者が自宅やその他の入居施設を訪問して、介護が必要かどうか、またはそのレベルを確認します。その結果によって、「自立」、「要支援」、「要介護」に区分されます。


3.市町村の出した結果報告に基づき、医療や介護の専門家から成る介護審査会によって最終的に判断が下されます。「自立」と判断が下った場合は、介護保険の該当にあたらない事になります。

「要支援」は更に要支援1〜2に区分され、更に介護が必要にならないように予防に努める為の費用として介護保険が給付されます。「要介護」はその区分を要介護1〜5としそのレベルに応じた介護サービスを受けられる事になります。これらを「要介護認定」と言います。


介護保険のサービスは必要な介護用品や自宅の補修費などに充てる事も出来るようです。
介護保険を利用した場合、自己負担額は費用の1割になります。しかし有料老人ホームなどに入居している際に受ける介護サービスは保険給付のサービスの限度内であれば、本人の自己負担は1割分と変わりませんが、それを超えたサービスを受ける際には全額自己負担となるようです。

給付の範囲内だとここまでしか出来ませんが、費用を自己負担されればより良いサービスが受けられるといった、いわばオプションサービスのようなものかも知れませんね。また有料老人ホーム内の食事代や介護用品であるオムツ代などの消耗品は自己負担となります。

pickup

良質な地下水を使って、中綿まですっきりの布団丸洗い・クリーニングを行います

布団 打ち直し

あなたのお部屋をオシャレにするソファーを販売する通販専門店です

ソファーベッド 販売

プラチナ、ダイヤ宝石の買取、売却は七福神が手数料0円で高価買取致します!

プラチナ買取 大宮

バリエーション豊富に取り揃えています。

名入れスリッパの販売

野菜通販をランキングしています

野菜 通販

2016/8/9 更新

 

↑TOPへ